葬儀の流れ

ホーム葬儀の流れ

葬儀の流れについて

病院から死亡診断書が出されてからお葬式が終わるまでの重要なポイントや流れをご説明いたします。
葬儀社を選ぶ際にはまず、基本的なお葬式の全体の流れを把握しておきましょう。
(以下流れは、仏式のお葬式における一般的な流れとなります)

その1死亡届の提出

ご遺族の方がお亡くなりになられた際、医師が死亡診断書を作成しお渡しします。

病院で亡くなられた場合は担当の医師が、自宅でなくなられた場合は、かかりつけの医師に連絡し自宅に来てもらい作成してもらいます。
(※かかりつけの医師がいない場合は、救急車を呼ぶ事になります。)

死亡診断書を渡されたら提出市区町村役場や病院等に備えられている死亡届の用紙に必要事項を記入し、7日以内に当該市区町村役場に提出を行わなければいけません。
尚、死亡届が提出されていないと、火葬(埋葬)許可証が交付されず実際に葬儀を行うことができません。
又、提出することで、住民票に死亡したことが記載されますので、住民票が死亡の証明を行う公的な証明書として利用することが可能になります。

ワンポイントアドバイス

死亡届は遺族の方(故人に近い親族)が提出することもできますが、基本的には葬儀を行う葬儀社が行ってくれますので、葬儀社が決まり次第ご相談してみてください。

その2ご遺体の搬送・安置

病院で亡くなられた場合は、ご遺体を安置する場所に搬送しなければいけません。
自宅に搬送し自宅で安置するのが一般的ですが、最近では「搬入が困難」、「近隣への迷惑を考えて」など、住環境の事情・配慮により自宅以外に安置するケースも増えてきています。

自宅以外へ安置する場合は、斎場の遺体安置所などがありますが、その場合、搬送する時点で葬儀社を決めておかなければいけませんのでご注意してください。葬儀社が決まっているのであれば、その葬儀社に相談しご遺体の安置場所まで搬送してもらってください。

ご遺体を病院から搬送する場合、その時点で葬儀社が決まっている事がベストなのですが、決まっていない場合、大抵の場合はその病院おかかえの葬儀社もしくは近くにある葬儀社に連絡する事で対応してくれます。
その場合、その搬送した葬儀社が葬儀を行うという事はありませんので、葬儀社を調べて判断したい場合はしっかりと「搬送だけお願いします」という意思を伝えてください。

ワンポイントアドバイス

病院おかかえの葬儀社が駄目という事はございませんが、知識が無い状態で決めた場合、余計な出費やトラブルを起こす可能性が高くなりますので、現在の葬儀事情や葬儀の知識を一度お調べになり、ご納得された上で決められたほうがいいでしょう。

その3葬儀内容の確定

ご遺体を安置した時点でまだ葬儀社が決まっていない場合は、まずは葬儀社を決めることから始めなければいけません。
その際は、当サイトをご確認して頂き、葬儀の形態・規模感をある程度把握した上でご相談されることをお奨めいたします。

葬儀社が決まりましたら、まずは担当の方をご自宅に呼び葬儀の内容や流れを打ち合わせしましょう。決める事は主に以下のような項目となりますが、この点に関しては葬儀社の方と一緒に決める事になり、葬儀社の方がほぼ手配等を行ってくれます。

主に決めなければいけない事

  • お葬式の形態や規模の決定
  • お葬式の日時、式場の決定
  • 喪主の決定(配偶者や長男など)
  • 菩提寺の確認と連絡
  • 遺影写真
  • 受付や応対などを対応していただく方
  • 香典返し

ワンポイントアドバイス

故人が会社の経営者などお付き合いの範囲が広い場合は、来場者数が見込め、香典の数も増ますので、葬儀費用を賄える可能性が出てきます。よって規模は大きめに考えて問題はないでしょう。
しかし、来場者数が見込めない場合は、費用を負担する方が多くなりますので、しきたりや規模にこだわらずに小規模な家族葬や一日葬などで検討するのがよいでしょう。

その4葬儀の連絡

お通夜や告別式の場所・日程が決まったら葬儀を行う事を関係者に伝えます。これは葬儀社が行うのではなく、遺族の方々でご連絡をしなければいけません。
主な連絡先は以下となります。

  • 故人の家族
  • 故人の親族
  • 故人の友人関係
  • 故人と近所関係
  • 故人の会社関係
  • 故人の遺族で故人と関わりの有った人
  • 自治会
  • 地方の新聞社の死亡広告(有料)

尚、葬儀の形態や規模などで連絡をする範囲は変わってきますのでよく考えてご連絡してください。

ワンポイントアドバイス

本来お通夜は近親者が故人とお別れをする場ですので、親しい方には当然連絡するべきですが、近年では時間の都合上で告別式にいけない為、近親者以外の方がお通夜に弔問するという事も多くなったようです。
当然、本来近親者のみで行うものなので、断ってもいいことなのですが、連絡した際、「お通夜に顔を出したい」と言われた時の対応はあらかじめ遺族の方と相談して決めておきましょう。

その5納棺・お通夜

納棺を行いお通夜の準備を整え、お通夜を行います。
納棺は葬儀社のスタッフが行ってくれますが、出来るだけ遺族も参加し納棺を手伝いましょう。又、納棺の際は、故人が愛用していたもの(副葬品)も入れる事が出来ます。
(※金属や燃えにくいもの、遺骨を傷つけてしまうようなものは一緒に入れられません)

納棺が済み、一般的に18時になればお通夜を1~2時間ほどかけて行います。本来は親族や故人と親しい人のみで行うものでしたが、現在は近い関係者の方や、都合によって告別式に出れない人がお通夜に顔を出すというのも一般的になっています。
又、法要が終わり次第、「通夜ぶるまい」を行い終わらせるという形式が一般的で、この形式を「半通夜」と呼んでいます。

尚、本来はご遺族のみで朝まで線香を絶やさず、炊き続け故人との思いでなどを語り合うことを「お通夜」といい一定の時間炊き続けたのちに線香を消し、就寝する事を「半通夜」というそうです。

宗教的に朝まで線香を絶やさず炊き続けなければいけないという事はなく、現在はこの「半通夜」が一般的となっています。

ワンポイントアドバイス

最近では、最低限の葬儀・葬式を行いたいという方が増えていまして、このお通夜と葬式を2日かけて行うところをお通夜を省略し1日で行う 「一日葬」を行う方が増えております。
必ずしもお通夜を行わなければいけないという事ではありませんので、規模や費用等を検討し最低限の葬儀で済ましたいという方はこの「一日葬」というお葬式形態をご選択されてみてください。

その6葬儀式・告別式

葬儀式は宗教的な儀式で、告別式は故人と関係者が最後の別れをする社会的な儀式となるのですが、現在は特別区別せず、多くが「告別式」としてまとめて式を行っています。

但し、社葬などでは葬儀式と告別式の時間帯を分けて案内することもありますので、注意してください。


ワンポイントアドバイス

この告別式の流れや挨拶などは葬儀の形式に合わせて葬儀社スタッフがご説明してくれますので、特別この点を詳しくお調べする必要は無いと思います。
弔問に来てくれた方への感謝の気持ちを忘れずにお迎えしましょう。

その7出棺・火葬・骨上げ・お葬式終了

告別式を終えたら棺を祭壇から降ろしご遺族が故人との最後の対面を行います。供花や故人の愛用品なども入れる事が出来ますが、対面を終えたらふたに釘を打ちます。これを出棺といい、出棺後、霊柩車に載せて火葬場に運びます。

火葬場につき、棺がかまどの前に運ばれると、棺の窓を開け、焼香をして最後の別れをします。これを「納めの式」といいますが、終わり次第かまどに点火され、1時間ほどで火葬が終了します。

火葬が終わると、二人一組で竹の箸を使い、骨壷に骨を入ていきます。これを「骨上げ」といい、「骨上げ」が終われば お葬式は終了となります。
尚、遺骨や位牌、遺影などは、四十九日の忌明けまでご自宅に持ち帰り安置します。

以上がお葬式の一般的な流れとなります。

尚、葬儀社が決まれば、大抵の場合は流れややらなければいけない事などを親身になって葬儀スタッフの方が教えてくれますので、上記以上の詳しい内容は直接、葬儀社のスタッフの方に聞いてみましょう。

ワンポイントアドバイス

必要最低限の火葬のみを行うというスタイルもあります。故人がご高齢で関係者があまりいない場合だったり、宗教色の無い葬儀を行いたいという方、また葬儀費用を抑えたいという方は、お葬式は火葬のみを行う火葬式という選択肢もあります。

Page top