実際みんなお葬式の日取りで仏滅や友引を気にしてるの?

日本では古くから日常の生活の中に暦を取り入れてきた習慣があります。
そのため現在でもカレンダーには六曜が記されているタイプもありますよね。
そして人によっては結婚式はやはり大安の日が良い!と考える人もいるように、冠婚葬祭の分野では現在でも気にかける人はいるはずです。
では人生の終日を迎えた儀式であるお葬式について、仏滅を気にしたり友引を避けたりということをどのくらいの人が気にしているのでしょうか?
ということでアンケートをとって調べてみました。

2

【質問】
お葬式の六曜(友引・仏滅)は気にしますか?
【回答数】
  • 気にする:57
  • 気にしない:43

やはり昔からのいわれとして気になる…そして世間体もあるから参加するのは、故人と知り合いかどうかで決まる?

アンケートの結果、あまり大きな差は無かったのですが、それでもやはり六曜は気にするという人の方が多いようです。
では実際のみんなの考えとしてはどんなものなのでしょう?

  • そこまで神経質になることはないが、昔から言われていることなので多少は気になるから(40代/女性/専業主婦)
  • 道ずれになってしまうようなことはないと思ってはいるが、もしあった時に嫌な気分になるから(40代/女性/専業主婦)
  • 個人的には気にしないが、世間的に葬式は六曜を気にしそうなので(30代/男性/会社員)
  • 最初、自分は気にしなかったが、気にする人は気にするので、常識がない人と思われても嫌なので(30代/女性/パートアルバイト)
  • やはりお年を召した方は気になさると思うので、規則というよりは来ていただく方への気配りとして気にしておいた方が良いと思うからです(40代/女性/専業主婦)

お葬式での六曜を気にするという人の中でも多くの人は、仏滅や友引で本当に何か悪いことが起こると思っているわけでもないようです。
昔からのいわれとして気になったり、もし何かあれば気分的にやはり嫌だと感じることはあるようですが…。
どちらかと言うと参列してくれる他の人が気にすることもあるため気配りは必要と考えたり、常識を持った大人として配慮すべきだと考えているのかもしれません。

結局自分次第!?日取りを気にしていたらデメリットもある!?

一方で気にしないという人も比較的多く、半数に迫る人数がいらっしゃいます。

  • 気にしていたら、何もできない。いい日もあるし悪い日もあるのは暦のお日柄ではなく自分次第だと思うから(20代/女性/専業主婦)
  • 自分が信仰している宗教の教義で、六曜に関することは説かれていないので気にしなくていいと思う(30代/男性/会社員)
  • そのようなものは、過去の迷信だと思いますので、あまり気にはしないと思います(50代/男性/自由業・フリーランス)
  • 六曜には色んな解釈があると聞いたことがあります。斎場の手配や案内などの諸々が、滞りなくすんなりことが運ぶことを優先したいです(40代/女性/自由業・フリーランス)
  • 特に気にしません。結婚式の場合だとかなり気になります。参列者も気にするので(40代/女性/契約派遣社員)

気にしないという人の中には、他の宗教では特に六曜は関係ないからという理由のケースも複数見受けられます。
また特に宗教などが関係なくても単なる迷信という観点から特に気にしないという考えの人もいますね。
さらに気にしていたら何も出来ないという人もいますが、日取りを優先させていると実際の事務的な手続きなどがスムーズに進まないというデメリットを感じることもあるのでしょう。

やっぱり周囲の人に対する気配りや配慮は大切なこと!?

今回のアンケートではお葬式に昔からの暦である六曜を気にするという人の方がわずかに多いという結果でしたが、あまり気にしないという人も結構多くいました。
結局は自分次第だし良い日も悪い日もあるもの…という考えを持つ人も現代では増えてきているということなのかもしれません。
ただ気にしないという人の中にも自分は特に気にしない…としながらも結婚式は気になったり参列者を気にかける様子の人もいたします。
また気にするという人の場合、自分が気にするかどうかよりも世間体や常識を考えて気にするという感覚を持つ人が多く、参列してくれる他の人の気持ちや考えに配慮することが大切なケースはあるのかもしれませんね。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2015年05月26日~2015年06月09日
  • 有効回答数:100サンプル

Posted on
Page Top